Apache2初期設定 windows(ドキュメントルート、ディレクトリの設定)

Apache2の初期設定、ドキュメントルート、ディレクトリの設定変更をします。
インストールのスクリーンショットはApache2.2で説明しましたが、ここからは実際に使用している2.0での説明とします。また、ここではドキュメントルート、ディレクトリを「D:\www」に変更するとこととして説明します。
行数ですがApacheのバージョンや個人の設定環境によって違ってきますので目安として見ていただき環境に合わせて読み替えてください。

#重要
httpd.confへの記述は「\」エンマークは使いません。「/」スラッシュで記述します(エンマークは使わずスラッシュ)
全角スペースは使いません。すべて半角スペースです。



ドキュメントルートの作成

まず「D:\」に「www」の名前でフォルダと作成しておきます

apache2設定1



httpd.confの基本部の設定

先ほどインストールした
「C:\apache\Apache GroupApache2\conf」
の中に
「httpd.conf」
というファイルがあります。このファイルをテキストエディタで開きます。
(メモ帳でも編集可能ですが入力ミスを防ぐためにも行数の表示がある気の利いたものを使うことをお勧めします)
たとえば「TeraPad」等
http://www.vector.co.jp/soft/win95/writing/se104390.html

apache2設定2



Apache2がインストールされたルートを確認します。
違っていれば修正。

apache2設定3



ポートを設定します。
通常は80番を使うのでここでは変更せず、設定はこのまま。

apache2設定4



「serveradmin」
web管理者のアドレスを入力。

apache2設定5



「servername」
ドメインとポートを入力。

apache2設定6



httpd.confのドキュメントルート、ディレクトリ設定

「DocumentRoot」
229行目くらいに
「DocumentRoot "C:/apache/Apache Group/Apache2/htdocs"」というところがあります。
そこを先ほど作成した「D:/www」
とします。既存のものを変更してもいいですし「#」でコメントアウトして新たに書き加えてもいいです。

apache2設定8



「Directory」
ディレクトリの変更(ドキュメントルートのディレクトリ)

255行目くらいに「C:/Apache2/htdocs」とありますが同様に「D:/www」とします

apache2設定9



ディレクトリに対するアクセスの制御
269、276、281、282行目くらい
デフォルトはこんなかんじかと思います。
変更前
Options Indexes FollowSymLinks
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all

「Options」を設定
CGIを使う場合はCGIを実行できる設定の「ExecCGI」の追加。
デフォルトで有効になっているディレクトリを一覧表示する設定「Indexes」の削除をします。
変更後
Options FollowSymLinks ExecCGI
AllowOverride None
Order allow,deny
Allow from all


apache2設定10



「UserDir」
ユーザディレクトリ変更。291行目くらい。
ユーザディレクトリを使う必要があれば設定します。
「http://ドメイン.net/~ユーザー」といったかんじでユーザーごとにディレクトリを設定する場合に使用します。
UserDir "My Documents/My Website"
設定例
UserDir "D:/wwwuser/*"
ユーザディレクトリに対するアクセスの制御
AllowOverride None
Options ExecCGI
Order allow,deny
Allow from all

apache2設定11



以上で基本的な設定とドキュメントルート、ディレクトリの設定が終了しました。
このhttpd.confの設定はApache2のサービスを再起動しなければ有効になりません。サービスの再起動をしてください。Apache2のサービスの再起動に失敗する場合は記述にミスがあると思われます。要チェックです。

Apache2の再動作確認

ドキュメントルートに設定した「www」のフォルダの中に「index.html」を新規作成し置きます
デフォルトで「C:\apache\Apache GroupApache2\htdocs」の中にあるものとは別のもので確認したほうが区別がつきやすいです

apache2設定12



ブラウザを起動し「http://localhost/」または「http://127.0.0.1/」にアクセスしてみましょう
下の画面が出ればちゃんと動作しています

apache2設定13



動作確認までできましたが実際に運用するにはちょっと設定が足りません。そこで更に細かな設定、CGIを使う場合の設定などを行います。

Apache2 httpd.conf 詳細設定 windows           HOME           先頭▲