Movable Type3.34を設置して自宅サーバBlogを始める ActivePerlの設定

mt-check.cgiで確認してみます。
MovableTypeが現在の状況で動作するのか設置してあるCGIの中でチェックすることができます
ブラウザで「http://127.0.0.1/mt/mt-check.cgi」を開くと足りないPerlのモジュール等が確認できます
環境にもよりますがこのままではまだ動作しないはずです
チェック画面を見ながらインストールします

MovableTypeactiveperl1



必要なモジュールがインストールされていればこんなかんじで表示されます

MovableTypeactiveperl2



「インストールされていません」となっている場合はこんなかんじかと思います

MovableTypeactiveperl3



各モジュールのインストール

足りないモジュールを追加します
「スタート」-「プログラム」-「ActiveState ActivePerl5.8」-「Perl Package Manager」をクリックします
「DB_File」がインストールされていなければ
「install db_file」
と入力しインストールします

「DBI」がインストールされていなければ
「install dbi」
と入力します

必要と思われるものとして
「install db_file」
「install dbi」
「install dbd-mysql」
などがあるかと思われます
「Image::Magick」は後で説明しますがこのままインストールはできません

MovableTypeactiveperl4



「Crypt::DSA」のインストールは外部から検索します
「rep add soulcage http://www.soulcage.net/ppda5.8/」と入力します

MovableTypeactiveperl4-1



結果が表示されたらさらに「s crypt::dsa」と入力し検索します

MovableTypeactiveperl4-2



検索結果から一番新しいと思われるバージョンをインストールします
(画像は全て同じバージョンですが...)
「install 1」でインストールすれば完了です。

MovableTypeactiveperl4-3



Image::Magickのインストール

「Image::Magick」と「Crypt::DSA」は無くても運用できますがせっかくなので全てをインストールしたいと思いますがActviPerl5.8から少しインストールにコツが必要です
「Image::Magick」から説明します
http://www.imagemagick.net/script/index.phpから
ページ左メニューの「Binary ReleasesのWindows」に行き
「ImageMagick-6.3.3-2-Q8-windows-dll.exe」をダウンロードします
exeをクリックしインストールを開始します

MovableTypeactiveperl5



同意して「Next」をクリック

MovableTypeactiveperl6



そのまま「Next」をクリック

MovableTypeactiveperl7



そのまま「Next」をクリック

MovableTypeactiveperl8



そのまま「Next」をクリック

MovableTypeactiveperl9



「Install PerlMagick for ActiveState Perl v5.88 build 819」
# 実際と少し画面が違います本当はv5.84 build 810
にチェックをして「Next」をクリック

MovableTypeactiveperl10



「Install」をクリックしインストールを開始

MovableTypeactiveperl11



そのまま「Next」をクリック

MovableTypeactiveperl12



「Finish」で完了です

MovableTypeactiveperl13



ブラウザで「http://127.0.0.1/mt/mt-check.cgi」を開き全てのモジュールがインストールされたことが確認できたでしょうか?
「準備が整いました」と表示されれば完了です

MovableTypeactiveperl14



管理者の設定等はこちら
Movable Type 管理者設定




          HOME           先頭▲