PR-200NE ルータの設定方法

# サーバー等々関係無い方にでも簡単に理解できるように記事を修正しました(2008.1.20)

# 参考:PR-200NE取扱説明書はこちらから入手できます。
# 参考:PR-200NE機能詳細ガイドはこちらからダウンロードできます。

今までADSLを使って自宅サーバを構築していましたが今回Bフレッツ(光!ひかり!)に移行したのでルータが変わりました。参考程度に見てください。
いままでBuffalo WHR-G54を使用していましたがこれをPR-200NEに変更したいと思います
そのBuffaloのWHR-G54は別途無線LAN用に使いたいと思います

セキュリティ設定項目もありますがひとまず必要なポートの開放(IPマスカレード)までについての説明のみ記載したいと思います(基本的にポートは閉じてますのでそれらを開放していきます)

自宅サーバ用に書いていますが通常の使い方をする方々にも当てはめることができます。
特殊なアプリやその他オンラインゲームやSkype、推奨しませんがP2P等(すばらしい技術ですが使い方によっては違法で危険)のポートを開けないと(ポート開放)動かないアプリを動作させるために必要になる設定です。
(IPアドレス等私の設定している数値ですので必要な方は別の数値に置き換えてください。そうでない方は特に変更しなくてOKです)

下準備

まず、以前使っていたルーター等は全て外します。ケーブルは抜いてくださいね。
設定変更に使用するパソコンとPR-200NEのLANポートをLANケーブルで接続します
(PR-200NEと設定に使用するパソコン1台だけを繋ぐ)
この時設定に使うパソコンのネットワーク設定は
「IPアドレスを自動的に取得する」
になっていることを確認しておきます
確認方法は...
スタートメニューの中の「マイネットワーク」を右クリックして「プロパティ」を開きます。
さらに有線LANと無線LANなど2つある場合はPR-200NEに接続する方の「ローカルエリア接続」を右クリックして「プロパティ」を開きます。

PR-200NEルーター設定図9



1番下にある「インターネットプロトコル(TCP/IP)を選択し「プロパティ」を開きます。

PR-200NEルーター設定図10



「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックが入っていればOKです。

PR-200NEルーター設定図11



入っていなくて別のIPアドレスなどになっている場合は「IPアドレスを自動的に取得する」にチェックを入れるか下のように変更します。(一応メモとっておいてくださいね)

PR-200NEルーター設定図12



(これでルーターに接続できない場合はルータ側でDHCPが有効になっていない可能性があるので手動で「192.168.1.10」等に固定しておく必要があります。接続できなかったら試してみてください)



PR200NE 管理画面

まずPR-200NEの管理画面に入ります

このルータのIPアドレスのデフォルト値は「192.168.1.1」になっていると思います
ブラウザで「192.168.1.1」にアクセスしてください
(インターネットエクスプローラのアドレス欄に「192.168.1.1」と入力してください)

下の画面が出たでしょうか?
出なければ上を参考にパソコンのIPアドレスを「192.168.1.10」等に固定してみてください

ユーザ名は「user」(これは固定されている)
パスワードは業者さんが設定したものを入力してください
多分Bフレッツの工事業者さんが接続試験を終了した後だと思いますので
業者さんに教えていただいたパスワードが必要になります

わからない場合は聞くのが確実ですが「設定していない」場合もあるので空欄のままログインしてみてください。
それでもだめな場合は聞く以外に無いのですが、もしかしたら「1234」「test」「user」等でいけるかもしれないのでお試しください(うちに来た業者さんはパスワードを書いたメモを伝票と一緒に置いていってくれました)

PR-200NEルーター設定図1



ログインできたらこんな画面が出るかと思います。左側の「メニュー一覧」で一覧を表示します

PR-200NEルーター設定図2



LAN側の設定

「LAN側設定」をクリックします

PR-200NEルーター設定図3



LAN側のIPアドレスの設定ですがデフォルトの「192.168.1.1」を
そのまま使用する場合はそのままで結構ですが変更する場合は下の図のようにします。
LAN側IPアドレス「192.168.0.1」等に変更します
サブネットマスクを「255.255.255.0」とします。
「DHCPサーバを有効にする」にチェックが入っていることを確認
変更した場合は下の「設定」ボタンをクリックし適用します

PR-200NEルーター設定図4


インターネット側接続設定

Bフレッツは2セッションまで接続できます。
「接続設定1」「接続設定2」「フレッツ・スクエア」の3つのうち2接続までです。
通常は「接続設定1」もしくは「接続設定2」のどちらかと「フレッツ・スクエア」の2セッションを使用することになるかと思います。別のプロバイダともう1つ契約している場合は「フレッツ・スクエア」とのセッションを使用しなければ「接続設定1」と「接続設定2」で別回線が使用できます。

今回は一般的な「接続設定1」のみ接続することとして説明します。

メニュー一覧より「接続先設定」を選択します。

PR-200NEルーター設定図13


「編集する接続先」の中から「接続設定1」を選択します。
「接続先の設定」プロバイダから指定された「接続先ユーザー名」「接続パスワード」をそれぞれ入力します。
「IPアドレス」IPアドレスを固定でもらっていない場合は「IPアドレスの自動取得」固定されている場合は割り当てられているIPアドレスを入力してください。
DNSサーバについてもプロバイダーからの指示通りでOKです。
「接続モード」は「常時接続」になっていることを確認します。
あとはデフォルトで良いかと思います。

PR-200NEルーター設定図14



入力が終わったら一番下の「設定」ボタンをクリックします。
左メニューの「登録」ボタンが点滅しているので押下し再起動します。

PR-200NEルーター設定図15



これでインターネット側の接続設定まで完了しました。
今、設定に使用したパソコンからインターネットに接続できたでしょうか?

#今までルータ等を使用していなくてパソコン側にフレッツ接続ツール等を使用して接続していた方は必要なくなるので削除するなり設定を変更するなり対応してください。

続いては本題のポートを開放します

PR-200NE 静的IPマスカレード(ポート開放)




          HOME           先頭▲